パチ元会のセミナーに200人超が来場


関西を中心に活躍するコンサルタントや業界関係者有志が作る「KANSAI〜パチンコを元気にする会」(略称・パチ元会・橋正人理事長)は2月26日、大阪市の「ハートンホテル南船場」で「おもてなし」をテーマに「大阪春の陣セミナー」を開催。
3教室で計12講座が開かれ、200人超のホール関係者が参加。セキュリティー会社・スタッフコーポレーションの大貫真琴統括部長やホール支援を手がけるオンヴォードの矢尾板智代表など、20人の講師が熱弁をふるった。
中でも注目を集めたのが、メーキャップアーティスト・岸部里香氏の「きゃりーぱみゅぱみゅに学ぶセルフプロデュース法」の講座。
きゃりーのプロデュースにかかわった経験をもとに、人々に受け取ってもらいやすい情報発信のキーワードとして挙げたのが「違和感」。「今の時代の流行をとらえつつ、そこに違和感を盛り込むことが大事。これがちょっとした刺激になり、注目を集める要因になる」と説明。広告宣伝はもちろん、店内装飾やホールデザインなどにも流用できる考え方であるとした。







中古トラック