大一商会が「CR中森明菜 歌姫伝説」第3弾


大一商会(本社・愛知県北名古屋市、市原高明社長)は2月20日、東京都中央区の同社東京オフィスで「CR中森明菜 歌姫伝説〜情熱EDITION〜」のプレス発表会を開催。
同機は、人気シリーズ「CR中森明菜 歌姫伝説」の第3弾で、大当たり確率390.095分の1のMAXST機(104回)。
歌姫・中森明菜さんのヒット曲が、シリーズ最多の15曲収録されている(「LA BOHÈME」「花よ踊れ」「難破船」を初収録)。
また、明菜さんの分身キャラとして、おなじみの「ちび菜」に加えて、新キャラ「あつ菜」が登場。
広報担当者は「ST『ライブモード』では、かかった曲を『あつ菜』が一人で歌いきれば5R大当たり、『ちび菜』が一人で歌いきれば10R大当たり、『あつ菜』と『ちび菜』のデュエットで最後まで歌いきれば15ラウンド大当たり、という演出が楽しめます」とアピールしていた。
ホール導入は4月7日から。










中古トラック