エースが「CR有閑倶楽部」を発表


エース電研(本社・東京都台東区、秋田光勇社長)は2月18日、同所ショールームで「CR有閑倶楽部」シリーズのプレス向け試打会を開催。
同名の人気少女漫画がモチーフで、スペックは大当たり確率258.02分の1、同176.65分の1、同89.9分の1、同59.9分の1の4ス種類。
中でも注目を集めたのは、大当たり確率176.65分の1、ヘソ賞球7個の「〜LSA」で、広報担当者は「1000円で遊べる時間が、3個賞球だと3分前後であるのに対して、7個賞球の『LSA』は約4分半。また、特図1・2ともに出玉約2000発の大当たり比率が50%と、出玉感にも配慮しました」と述べていた。
ホール導入は3月31日から。









中古トラック