「ぱちんこCRモンスターハンター」プレス試打会開催(Sammy)

サミー株式会社は1月23日、東京秋葉原にあるアキバ・スクエア内のUDXシアターにて、パチンコ新機種「ぱちんこCRモンスターハンター」のプレス試打会を開催した。



モンスターハンターは、株式会社カプコンの大人気シリーズで、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。「友人と協力して強大なモンスターに挑む」という通信協力プレイで人気を博し、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こした。2004年に第1作目を発売して以降、シリーズ累計販売本数2,800万本(13年12月4日現在)を誇る大ヒットシリーズ。本機種はシリーズ初めてのタイアップパチンコ機となっている。

会の開催に先立ち、同社PC研究開発本部 クリエイティブオフィサー 田中氏による、本機種の開発にあたってのコンセプト説明が行われた。「本機は4年前から制作開始となり、現在のパチンコとしてのトレンドを取り入れるために、スペックやゲーム性を大幅に変更した。またそれにあたり、盤面を5割、映像を7割ほど作り直し、企画当初とは別物の商品となった」とし、「日本全国のモンスターハンターファンにも、しっかりとパチンコとしての面白さを伝えるように制作した」と自信のコメントを寄せた。

新機種アンベール後には、同社営業本部 営業企画部 遊技広報グループ 山口氏による機種プレゼンテーションが行われた。「モンスターを討伐できれば大当り、といったシンプルながらアツくなれるゲーム性で、スペックは大当り確率約1/199.8、初当り時の50%で120回転のV-ST“G-RUSH”に突入する極上スペックに仕上がっている」と、スペックやゲーム性、4大チャンス演出といった新機種の詳細な情報が明きらかになった。

その後はフォトセッションと別会場にて試打会が行われ、試打をする関係者は一様にその極上スペックの感触を確かめていた。

なお、全国ホール導入は3月上旬を予定している。(一部地域を除く)


 

 





中古トラック