同友会、12月度定時理事会を開催 〜日遊協11日のECO遊技機説明会を報告

日本遊技産業経営者同友会は18日、東京都台東区東上野のオーラムにおいて、12月度の定時理事会を開催。理事23人中17人(委任1人)を含む正会員21社35人と、賛助会員34社69人、事務局3人の計107人が出席した。理事会に先立ち、執行部会と、店舗強化委員会、PR強化委員会、CSR推進委員会、ホールサポート委員会、さらに賛助会員によるプレゼンテーションが行われた。
 松田高志代表理事は開会にあたり、「業界的には消費税やECO遊技機の問題など、さまざまな問題があるが、同友会では会員と外部に向け、積極的に発信していきたい」と挨拶。理事会では、賛助会員にアルファスタッフの新規入会が承認された。
 また、日遊協において11日に開催された「ECO遊技機の開発について」説明会の報告が行われた。ホール側から提出された質問のうち、主に想定コストについての回答が、日工組、PSA、認証協より示された。主な想定コストは、スタンダード枠の「ECO遊技機」10万円未満、「ECOユニット」15万円未満。「ECO遊技盤」はメーカーにより異なるという。(日刊遊技情報)







中古トラック