保通協、11月の型式試験実施状況を公表 〜パチスロ適合率、本年4度目の4割超

保安通信協会(保通協)は、2013年11月の型式試験実施状況を2日付けで公表した。
 パチンコは、結果書交付45件に対し適合39件、適合率86.7%と、6カ月連続となる8割超。一方のパチスロは、結果書交付68件に対し適合28件、適合率41.2%と、かろうじて4割台を維持。パチスロの適合率が月別で4割以上となるのは本年に入って4度目。
 持帰件数は、すべての種別で0件。取消件数は、パチンコ2件、パチスロ1件。アレンジボールおよび「じやん球」の受理はなかった。(日刊遊技情報)