NSPドクターらが第1回「新規出店Hot Spot研究会」


ホール営業コンサルティング会社のNSPドクター(本社・東京都台東区、高橋義武社長)と、ホール向け物件情報サイト「パチンコ物件ドットコム」を運営するシーズン(本社・東京都台東区、小林哲也社長)は11月20日、同区の「上野ターミナルホテル」で「第1回 新規出店Hot Spot研究会」を共催。
同研究会は、新規出店事例をもとに成功・失敗要因の分析を行い、出店時の注意点などを学んでいくもの。
今回は、東京都武蔵野市の三鷹・吉祥寺エリアや横浜市の港南エリアなど4カ所について、NSPドクターの五十嵐修矢専務らが解説。五十嵐氏は「都心部は、ホールの選択肢が多い上に、人々が面倒を嫌う。横断歩道一つ、道1本のわずかな差が勝敗を分けるため、県外出店時には入念な動線調査が不可欠」と説明した。