サミーが「ぱちんこCR北斗の拳5百烈」を発表

サミー(本社・東京都豊島区、青木茂社長)は11月14日、東京都台東区の東京支店ショールームで「ぱちんこCR北斗の拳5百烈」の内覧会を開催。
北斗シリーズ最新作の同機は、大当たり確率が229.1分の1で、128回のロングST「乱世モード」(突入率は50.5%)を搭載。ST継続率は約75%、ST中の16R大当たり比率は約70%と、ライトミドルタイプながら出玉にも十分期待が持てる。
「ST中はシリーズ初の“共闘”バトルを実現。連チャンを重ねるにつれ、味方キャラがレイからシュウ、さらにトキへと変化し、ケンシロウとともに敵とバトルするなど、演出面でもプレーヤーを盛り上げます」と営業マン。
ホール導入は1月6日から。