パチ研が無料セミナーを開催

パチンコ産業研究開発機構(略称・パチ研、曽我部康二理事長)は10月29日、東京都台東区の「スター貸会議室上野」で無料セミナーを開催。
講師には、さとひろ社会保険労務士事務所の佐藤啓樹代表や業界コラムニストのPOKKA吉田氏らが登壇。
佐藤代表は、労災保険、労務管理、助成金などについての知識を、「昼休み中に社内で同僚とドッジボールをして遊んでいたA氏が滑って転んで骨折したというケースは、労災になるか?」といったクイズ形式でレクチャー。
「このケースのような、休憩時間中の私的な行為によるケガは労災には当たりません。ところが、遊戯中に、照明器具が落ちてきてケガをしたというように、施設に欠陥があった場合は、労災になります。今回のセミナーをきっかけに、こうした細かな内容の見直しを行って、万全の体制を整えていただきたい」などと話した。