『パチスロうみねこのなく頃に』発表!!

11月8日、オーイズミはベルサール秋葉原にて「『パチスロうみねこのなく頃に』新機種発表会」を開催した。

主催者挨拶では、代表取締役副社長 大泉秀治氏が登壇。本機は、前作『ひぐらしのなく頃に祭』の人気を踏まえ、3年前から開発に着手。正統後継機として『うみねこのなく頃に』の遊技化の実現を目指したと説明した。
「前作よりも長期稼動を目指すため打ち込むほど味が出てくる仕様になっています。ファンが待ち望んだ、作るべくして作られた必然の産物です」と自信を見せた。

続いて、営業推進部 係長 岩崎勉氏が機種説明を担当。“『ひぐらしのなく頃に祭』の正統後継機”“原作を重視した作り込み”の2点を主軸に開発を進めてきたことを語った。
本機のスペックやゲーム性を詳しく紹介するほか、新機能「逆転チェリー」を搭載した運命分岐モードや前作になかったRB中の7揃いを注目演出として解説した。
最後に、嘘・偽りのない言葉として原作に登場する「赤き真実」の言葉を引用して「パチスロうみねこのなく頃には絶対にヒットする」と締めくくった。

本機は、TVアニメやマンガなど多方面で人気のコンテンツ「うみねこのなく頃に」とのタイアップ機。純増約0.75枚のRT+ボーナスタイプで、前作で好評だった運命分岐は完全継承され、新たに2つの新機能を搭載したことによりゲーム性が向上している。また、本機専用に描き下ろしたキャラクターデザインや原作にはないエピソード5以降の内容を楽しめることができる。

プレス発表会が午前中に開催され、午後からはホール向けの展示会、夜にはファンイベント「Evening Tea Party」が開催された。

ホール導入は1月27日からを予定している