「CR大工の源さん〜韋駄天桜〜」内覧会開催

「CR大工の源さん〜韋駄天桜〜」

株式会社三洋物産は11月6日、新機種「CR大工の源さん〜韋駄天桜〜」の内覧会を同社東京ショールームにて開催した。



本機は約1年ぶりとなるパチンコ大工の源さんシリーズ最新作。
前作の良さをそのままに、スペックと盤面構成を大幅にパワーアップ。加えて、より速く、より荒々しなった新生「源さん」に仕上がっている。

盤面領域の広い新枠を採用することで、アタッカー周りが全面改良されており、無駄のない玉の動きを実現。これにより右打ち中は前作よりも速いとされる高速変動が可能となっており、電チュー保留は途切れにくい上に、アタッカーへの入賞率が高くなっている。

スペックは、大当り確率約1/390.1、確変突入率80%のMAXタイプ。電サポ中の大当りの半数が16Rで、2000個近い出玉を獲得可能で、確変「炎の源モード」中は、1変動あたり最短0.34秒という超高速消化が可能だ。

演出面では、大工の源さんシリーズ初となるカンナちゃん主役の新モード「カンナモード」のほか、筐体左上に搭載された期待度の上昇を可視化する「Vメーター」から目が離せない。様々な場面で点灯・上昇していき、メーターが上昇するほど期待度が高まる仕組
みとなっている。

なお、導入は12月中旬を予定している。


【画像】