■ゴト師たち

年齢層も10代の若者から初老の職人的ゴト氏まで様々です。
「ハイテク系のゴト道具は苦手でねえ。」
などと愚痴るベテランゴト氏も少なくない、そんなお話を聞くこともあります。

また一方では、ゴト器具を自力で製作してしまう「オタク系」若者の存在もあるようです。
「手クレ」や「電源系ショートゴト」で使用されたゴト器具などは、その原理さえ理解できれば、製造は誰にでも可能なほどシンプルです。
あとの大きな問題は、実際に生のホールで使えるかどうかの度胸だけなのかもしれません。

「この打ち方をすれば必ず勝てる。勝ったら○○%ちょうだい。」
こんなケースも、あらかじめ金銭を要求する詐欺ばかりではありません。
前もって仕込んだ基板用の「セット打ち」を、あたかも必勝法のごとく教え込み、成功報酬を要求する方法もあるのです。
声をかけられた常連さんなども、まさかゴトの片棒を担がされるとは思わずにまんまと「 打ち子」になってしまうのです。

打ち子」の確保が最大の課題だともありました。
不正なサブ基板とそのセット手順は入手したけれど、打ち子となる人材探しが困難なのだそうです。

見慣れない不審な様子の者ばかりが「ゴト氏」や「打ち子」というわけでもないようです。