回胴遊商、特別強化月間中の発見事例はなし


回胴遊商は10月17日、例年実施している「幼児車内放置ゼロ」巡回活動における特別強化月間(7月1日から8月末日)の結果について、今年は車内放置の発見事例はなかったと報告した。

 この活動は2005年8月1日から実施され、組合員が営業等でパーラーへ訪れた際に駐車場内を巡回するもの。06年、07年、11年には幼児の車内放置を発見し事故を未然に防いでいる。