全日遊連、日本赤十字社に備蓄用毛布1万枚を寄贈

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は、20日、都内で第23回「全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」のプレス発表会を開催した。全日遊連は全国のパチンコホール組合(全国51組合)の共同組合連合会組織で、パチンコ・パチスロが身近で手軽な大衆娯楽となることを目指し、不正行為の撲滅活動など、様々な活動を展開中だ。



 プレス発表会では、東北の被災地復興支援のため、今年6月1日、2日に福島市で行われた東北六魂祭に協賛したことを報告。さらに日々、全国各地で取り組んでいる社会貢献活動の一環として、日本赤十字社へ災害備蓄用毛布10+ 件1万枚を寄贈した。また、ファンへの感謝の気持ちを伝えるため毎年秋に開催しているファン感謝デーを、今年は11月15日(金)〜17日(日)の3日間、全国のパチンコ・パチスロ店を対象に開催することを発表。来店したファンを対象に、液晶テレビや折りたたみ自転車などが当たるキャンペーンを行う。詳しくはキャンペーンサイトへ。http://fan−kan2013.com(10月1日から閲覧可能)