NEXUS決算、売上高1800億円

《D’ステーション》をチェーン展開するNEXUS(群馬県高崎市、星野敏代表)が発表した2013年6月期決算によると、売上高は対前年比117%の1800億5500万円となった。

 期間中は新規3店舗を出店したほか、既存店2店舗のリニューアル(1000台超の《スーパーD’ステーション》への増改築)を実施。その結果、営業利益は27億5200万円(対前年比237%)、経常利益は31億1000万円(同230%)となった。

 会社創立10周年を迎える今年度(2014年6月期)は、新規出店6店舗、売上高2031億円を予定しており、従来どおり中期計画の目標店舗数30店舗、売上高2000億円が達成される見込みという。

 また、同社では2020年度末までに店舗数50店、売上高4000億円を新たな目標に掲げている。