カウントアップB初搭載〜ルパン最新作登場

平和は9月25日、東京・東上野にある同社本社で、新機種『CRルパン三世〜消されたルパン〜』の発表内覧会を開催した。

 今作はルパン一味に関する一切の履歴情報が何ものかに消去され、消された存在を取り戻すために一味がお宝を盗みまくるという筋書きだ。ルパンが存在しない中、銭形警部もルパン専任捜査官の任を解かれている。ルパン一味の存在を消したのは一体誰なのか? 世界一の大泥棒のプライドをかけたストーリーが展開される。

 ゲーム性ではシリーズ初となるカウントアップボーナスが搭載された。電チュー、2つのボーナスアタッカーをすべて盤面右側に配置。ボーナスアタッカーも電チュー開放と同じ動作で、縦に並んだ3つの羽根(ウィング)が下から順に動作していく。頂上の3rdウィング(2つ目のボーナスアタッカー)発動まで到達すれば出玉2025個ゲットだ(電チュー入賞時)。

 大当たり後に突入する「ゴールデンタイム」区間では、「RUSHルート」と「BATTLEルート」の2種類から選択可能。1機種で2倍楽しめる演出ボリュームを実現している。

 シリーズ機は大当たり確率1/394.8、確変継続率82%の『CRルパン三世〜消されたルパン〜394 ver.』と、大当たり確率1/299.3、確変継続率77%の『同299 ver.』のシリーズ2機種を発表。『394 ver.』は電チュー出玉あり大当たりの70%が2025個。『299 ver.』は同じく60%が2025個となっている。

 今回は迫力のサウンドと艶やかな光を放つ新枠『GOLDENROCK』での登場となった。

 納品は11月17日より。