大一商会・大一販売 「CR薄桜鬼〜緋焔録〜」

■大当たりゲームも選べる

 大一商会(愛知県北名古屋市)と大一販売(同)は8月21日、東京都千代田区の秋葉原UDXシアターで、パチンコ新機種「CR薄桜鬼(はくおうき)〜緋焔録(ひえんろく)〜」のプレス発表会を開催した。

 同機は、幕末を舞台にした恋愛アドベンチャーゲームを原題に、テレビアニメ、OVA(オリジナルアニメ)、舞台など多岐にわたってメディアミックスされたコンテンツがモチーフ。女性からの支持が高い。

 ゲーム性のポイントは「バカボン4」で登場した「ドキドキゲート」のさらなる進化。搭載された「新ドキドキゲート」では、これまでのように出玉が選べるだけでなく、大当たりのゲーム性が選べる“ダブルドキドキシステム”を採用。2ラウンドか16ラウンドの「一撃鬼ボーナス」もしくは6〜16ラウンドの「鬼連ラッシュ」のいずれかを楽しむことができる。ホールへの導入は10月上旬を予定。

 発表会には、同社のイメージガール“D Dream Girls”が新撰組の衣装を着て登場。見事な殺陣を披露し、新機種をアピールした。