モンテローザ、「緑ドン」とのコラボメニューを提供開始

「白木屋」などの屋号で外食チェーンを全国展開するモンテローザとユニバーサルエンターテインメントは8月29日、東京都新宿区歌舞伎町の第二東亜会館5階にある「白木屋 歌舞伎町総本店」において、モンテローザの系列店のうち、「白木屋」、「魚民」、「笑笑」、「月の宴」、「千年の宴」といった系列の約1500店舗において9月1日から同月30日まで、「緑ドン キラメキ!炎のオーロラ伝説」とコラボレーションしたオリジナルメニューを提供すると発表する記者発表会を開催した。オリジナルメニューは、「緑ドン」の世界観をモチーフに開発された「緑でカツ丼〜三尺玉添え〜」(税込588円)と「緑ドンとビリーのオーロラプリン」(税込273円)の2品目。

 発表会では主催者挨拶として、ユニバーサルエンターテインメント・マーケット戦略室メディア・販売促進課長の山本学氏と、モンテローザ・企画課長の牧田一美氏が登壇。商品の開発コンセプトなどを説明した。

 また同時に両社は、ネット上に特設ページを設け、抽選で77人にモンテローザの食事券5000円分が当たるキャンペーンを実施する。両社は8月31日まで、北欧旅行へのペアチケットを2組にプレゼントするコラボキャンペーンの第1弾を実施していた。