少年の非行防止へ遊技場を一斉点検 県警

県警は23日夜、少年の非行防止活動の一環として、県内各地のゲームセンターやパチンコ店などの一斉点検を行った。
 県内27署の警察官と少年警察ボランティアら計約1280人が参加した。それぞれ管内の店舗に立ち入り、風営法や県青少年環境整備条例に違反していないかを確かめた。
 店舗にいる少年への指導や補導活動も行った。
 静岡市葵区紺屋町のパチンコ店では、少年指導委員や静岡中央署員ら10人が、18歳未満の立ち入り禁止表示があるかをチェックした。
 従業員名簿を見て18歳未満の少年を雇用していないかも確認した。