東南アジアでカジノ開業相次ぐ 中国人に的、マカオに対抗

カジノ産業がアジアで注目を集めている。観光振興の切り札と位置付けるフィリピンでは、売り上げを今後5年で10倍に増加させる計画だ。世界最大のカジノ都市マカオは中国人観光客を取り込み年2桁の成長を続ける。ベトナムやカンボジアもカジノに参入。マカオに対抗し、中国人観光客の争奪戦を繰り広げている。

 比政府はカジノを観光立国の目玉とし、マニラ湾岸に巨大カジノの建設プロジェクトを官民一体で…