パチンコ中古液晶の販売 浅間コーポレーション 破産開始決定

浅間コーポレーションは7月19日、千葉地裁木更津支部より破産開始決定を受けた。負債総額は債権者5名に対して、約2億6000万円。パチンコ中古液晶の販売業者。廃棄用のパチンコ機器から液晶を取り出し再利用できるようにして、中国・韓国等へ輸出していたが、リーマン・ショック以降は業績が悪化。また、2011年3月に発生した東日本大震災による風評被害で、海外への輸出業務に支障を来たしていた。