セガサミー 最終利益408.8%増 第1四半期決算 大幅な増収増益

セガサミーホールディングス(東京都港区)の2014年3月期の第1四半期決算は、売上高が前年同期比29.6%増の907億1500万円、営業利益は同197.7%増の161億1900万円、経常利益は同263.7%増の170億4400万円で、固定資産売却益などの特別利益33億3100万円計上した結果、最終利益は同408.8%増の129億4700万円と、大幅な増収増益だった。

 分野別では、パチスロ遊技機でサミーの主力タイトルである「パチスロ 北斗の拳 転生の章」の販売が好調だった遊技機事業が全体で前年同期実績を上回る10万8000台をマーク。

 パチンコ遊技機も、サミーブランドの「ぱちんこCR神獣王デジハネver./ライトミドルver.」や、タイヨーエレックブランドの「CR火曜サスペンス劇場」をリリースし、これらがおおむね堅調に推移した結果、前年同期実績を上回る2万8000台を販売した。

 これらにより、遊技機事業全体の売上高は518億9200万円(前年同期比53.6%増)で、187億1500万円(同138.5%増)の営業利益を確保した。

 アミューズメント機器や施設関連事業は、市場が低迷する中で、コンシューマ事業が健闘。パッケージゲーム分野で前年実績を下回ったものの、携帯電話・スマートフォン・PCダウンロードなどのデジタルゲーム分野が好調に推移。

 売上高は188億9500万円(同25.2%増)で、営業利益は3900万円(前年同期は営業赤字15億5900万円)と黒字転換した