「パチスロの日 パチスロ感謝祭2013」開催 

PS大賞受賞者は浅香山親方、Pキャラグランプリ1位は『マルハン千葉みなと店』の「バセッツ」

日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)と回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)は、「パチスロの日」として日本記念日協会からも認定されている8月4日、東京都千代田区外神田のベルサール秋葉原において、「8月4日はパチスロの日 パチスロ感謝祭2013」を開催した。日電協と回胴遊商が8月4日を「パチスロの日」と制定した2010年以降、東日本大震災の発生した2011年を除いてキャンペーンを実施しており、今年で3回目。

 イベントの開始に先立ち行われた主催者によるプレス発表会の代表者挨拶では日電協の里見治理事長が、「パチスロをより多くの国民が認知し、新たなファンとなっていただきたいという想いで実施している。業界はかなり厳しく、このままでいくと5年、10年先はどうなっていくのかわからない。感謝祭をつづけられるよう努力したい」と述べて、イベントの趣旨を説明した。

 次いでステージでは、今年初の開催となる「PS大賞2013」の授賞式が行われた。この賞は、日本に元気を与え、人びとを奮い立たせた「熱する魂(パーフェクト・スピリッツ=PS)」の持ち主を表彰するために創設。大賞を元大関・魁皇の浅香山親方が受賞した。現役時代には歴代最多の1047勝を記録。後進を育てる立場にある親方は、「私が初の受賞者ということで、たいへん光栄だ。これからはPS大賞を受賞できるような弟子を育てたい」と語った。

 「PS大賞」受賞式後のステージでは、アイドルグループによるライブコンサート、パチスロライターによるトークショー、さらにホールで活躍するオリジナルキャラクターの着ぐるみ(Pキャラ)の日本一を決める「Pキャラグランプリ」の授賞式が行われた。

 「Pキャラ」の人気の順位は、応募のあった38ホール企業のキャラのなかからファンによるウェブ投票により決定。1位には『マルハン千葉みなと店』(千葉市中央区)の「バセッツ」、2位に『OK牧場』(大阪府吹田市)の「開運亭モウ太郎」、3位に『ガーデン』(さいたま市浦和区)の「ふたばちゃん」が選ばれ、ステージに登場した。

 また、会場内実施コンテンツとして、ニコニコ動画「マルハンチャンネル」の番組と連動した「パチスロ神社」を設置。絵馬を奉納したファンには、特製時計付きオリジナルパネルをプレゼントした。また、0号機から4号機までの名機を展示した「パチスロヒストリー博物館」を開設した。ブースイベントとして、2代目「パチスロガール」との撮影会、東日本大震災の支援活動を紹介した「東北支援パネルコーナー」、待受け画像をダウンロードできる「待受けコレクションコーナー」、さらに七夕飾りと短冊奉納コーナーを設置した「星に願いを短冊コーナー」を設けた。