パチンコ店放火殺人、2審判決不服で弁護側上告

2009年7月、大阪市此花区のパチンコ店に放火して5人を殺害、10人を負傷させたとして殺人と現住建造物等放火罪などに問われた無職高見素直被告(45)の弁護側が1日、大阪高裁判決を不服として上告した。

 高裁は先月31日に求刑通り死刑とした1審・大阪地裁の裁判員裁判判決を支持、被告側控訴を棄却していた。

 弁護側は1、2審で、被告が犯行当時、心神耗弱状態だったとし、絞首刑による死刑が憲法で禁じる残虐な刑罰に当たると主張。これに対し、高裁は刑事責任能力は完全だったとし、死刑については合憲と判断した。