駒ケ根の女性が詐欺被害 1180万円「パチンコで取り戻せる」


駒ケ根署は一日、駒ケ根市内の四十代の女性が特殊詐欺被害に遭い、約千百八十万円をだまし取られたと発表した。


 署によると、女性は昨年七月、男からの電話でモニタリング調査会社の共同経営者にならないかと持ち掛けられ、八月に出資金として二十五万円を指定された口座に振り込んだ。その後、男から「言うとおりの方法でパチンコをすれば出資金を取り戻せる」「遠隔操作で当たるように機械を調整するには出資が必要」などと電話があり、九回にわたって計約千百八十万円だまし取られた。


 今年四月以降、男と連絡が取れなくなり、女性が被害に気付いて署に届け出た。