パチンコ店放火殺人、二審も死刑判決 大阪高裁が責任能力認定

5人が死亡した2009年の大阪市此花区のパチンコ店放火事件で、殺人罪などに問われた無職、高見素直被告(45)の控訴審判決で、大阪高裁(中谷雄二郎裁判長)は31日、求刑通り死刑とした一審・大阪地裁の裁判員裁判判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。弁護側は上告する方針。

 弁護側は「妄想の影響で責任能力は限定的」と主張。さらに絞首刑は「憲法が禁じる残虐な刑罰に当たる」などとして死刑回避を求めた。しかし、判決は「妄想自体が犯行に直接影響を与えたとはいえない」として完全責任能力を認め、絞首刑についても「合憲」と判断した。

 判決によると、高見被告は09年7月5日、同市此花区のパチンコ店をガソリンやマッチを使って全焼させ、客や店員5人を焼死させるなどした。