パチンコ店予定地隣に図書館 東京地裁、国分寺市に賠償命令

パチンコ店の出店予定地のすぐ隣に東京都国分寺市が図書館を設置し、出店ができなくなったとして、静岡県のパチンコ経営会社などが同市に約14億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。志田原信三裁判長は「阻止を目的に図書館を設置したのは営業権の侵害」と述べ、市に計約3億3千万円の支払いを命じた。

 判決によると、同社はJR国分寺駅前のビルに出店を計画。2006年7月に賃借契約を結んだ。同年12月の市議会で隣接地に図書館分館の設置を決定。風営法などでは図書館の敷地から50メートル未満の範囲でのパチンコ店経営が禁じられているため、同社は計画を断念した。

 判決は「市議会で出店阻止を求める露骨な発言が相次ぎ、異例の早さで手続きが進んだ。図書館設置は逸脱行為で違法」と指摘。「まちづくりの構想に基づき、市民の要望に応えた」とした市側の主張を退けた