たばこ税:1.8億円脱税 10年値上げ時在庫偽装の疑い

1億8000万円余のたばこ税を脱税したとして、東京国税局などが東京都内のパチンコ景品卸売会社と経営者をたばこ税法違反容疑などで東京地検に告発したことが分かった。たばこの値上げに伴って国や自治体に納める「手持ち品課税」を免れるため、たばこの在庫量を少なく申告した疑いがあるという。手持ち品課税を巡る刑事告発は全国で初めてとみられる。【太田誠一】

 関係者によると、告発されたのは、東京都目黒区の昭和商事と武田智也社長(47)。2010年10月1日のたばこ値上げの際、武田社長は事前に日本たばこ産業(JT)から仕入れた大量のたばこを販売目的で所持していたにもかかわらず、大半の五千数百万本を既に販売したように装い、たばこ税を免れた疑いが持たれている。脱税額は、国税が9000万円超、都税が2000万円超、特別区税が7000万円超とみられ、地方税分は都と目黒区が東京地検に告発した。

 武田社長は値上げの約2カ月前からたばこを大量に仕入れ、倉庫などに保管していたが、値上げ直前にパチンコ店などに販売したように装い、在庫量を極めて少なく見せかけていたという。パチンコ店が扱う景品用のたばこは、販売目的ではないとして手持ち品課税の対象にならないことを悪用したとみられる。

 一方で、値上げ後に実際にたばこを販売する際には、数量の帳尻を合わせるために、パチンコ店から大量の返品があったように経理処理しており、不自然な操作が不正発覚につながった模様だ。