パチンコ台部品を無断で交換した疑い

各務原署は8日、風営法違反(無承認変更)の疑いで各務原市のパチンコ店経営会社と役員の男性(42)=愛知県岩倉市、店を管理する立場にある男性店員(35)=各務原市=を書類送検した。

 送検容疑は、男性店員は3月15日ごろ、店内にあるパチンコ台1台の部品を、県公安委員会の承認を得ずに交換したとされる。役員の男性は公安委に届け出なかったとされている。署の立ち入り検査で発覚した。署によると、いずれも容疑を認めている。