日本初の「韓流テーマパーク」 マルハンが来秋に開業

大阪「フェスティバルゲート」跡地再開発

 パチンコホール最大手のマルハンは9日、2007年に営業を終了した大阪・新世界の複合商業施設「フェスティバルゲート」(大阪市浪速区)の跡地を再開発し、日本初の「韓流テーマパーク」を来年秋に開業させると発表した。大阪だけでなく、日韓両国の関係活性化を図る狙いがある。年間目標で売上高50億円、来場者300万人を掲げた。



 総工費は約100億円で、今年秋に4階建ての建物を着工。韓流スターがプロデュースする衣料、グッズ販売店、飲食店などを集積させるほか、韓国からの輸入食材を扱う食品スーパーを展開。多目的ホール「K−POPホール(仮称)」を併設し、韓流スターのショーなどを楽しめるようにする。

 フェスティバルゲートは大阪市の第3セクターが展開した遊園地などの複合商業施設。マルハンが09年の競売で落札し、跡地再開発を検討してきた。

同社の韓昌祐会長は東京都内のホテルで会見し「4年前から何にしようか考えてきた。日本、韓国両国が仲良くしていくための施設としたい」と話した。

 マルハンの本業であるパチンコ業界は、日本の少子高齢化などの影響でギャンブル人口が減少。このため、同社は中期経営計画で経営の多角化を目指し、パチンコ以外の事業の売上高を1000億円にする目標を掲げる。これまで名門ゴルフ場「太平洋クラブ」のスポンサー契約、松竹など4社で東京・浅草での大衆娯楽施設の再開発計画を手がけるなど布石を打っている。

 韓裕社長も今回の再開発事業などを通じ、パチンコ事業だけではない「世界的なエンターテインメント企業になる」と述べた。