胸に刃物…パチンコ店員死亡 高槻のアパート

4日午前8時半頃、大阪府高槻市のアパートの一室で、住人の
パチンコ店従業員・谷口裕哉さん(22)がTシャツに短パン姿で、
胸に刃物が刺さった状態でベッドにうつぶせに倒れているのが見つかり、
まもなく死亡した。

自殺と事件の両面で調べている。

谷口さんが出勤時間になっても職場に来なかったため、
同僚が部屋を訪ねて発見したという。部屋の鍵はかかっておらず、
荒らされた様子は無く財布のお金も残っていた。