山佐 業界初の出玉付加機能搭載「パチスロゼーガペイン」

山佐(岡山県新見市)は6月10日、東京都港区南青山のスパイラルホールで新機種「パチスロゼーガペイン」のプレス発表会を開催した。同機は「機動戦士ガンダム」でおなじみのサンライズ社制作の同名ロボットアニメがモチーフ。

 原作は2006年にテレビ東京系列やBSジャパンなどで放送され、若年層を中心に人気を集めた。

 今回、新機種をリリースするにあたり、新作のオリジナルストーリーを用意。パチスロ独自の映像やストーリーが液晶上で展開される。

 また、“AT発動革命”と形容される業界初の新機能「ゼーガシステム」を搭載。1セット30ゲームの「リザレクションチャンス」(疑似ボーナス)と、「セーガRUSH」と名付けられた出玉を伴う付加機能(AT)を軸に出玉が加算されていく。パチンコホールへの導入は8月中旬を予定。

 展示会では、佐野範一取締役本部長がゲーム性のポイントについて触れ、「(新機能は)市場における一つのトレンドになる」と自信をうかがわせた。