セガサミーHDの韓国合弁会社、仁川のカジノを取得

セガサミーホールディングス(HD)は1日、韓国でカジノを運営するParadiseとの合弁会社であるPARADISE SEGASAMMYが仁川国際空港隣接地のカジノ施設「Paradise Casino Incheon」を同日付で取得したと発表した。PARADISE SEGASAMMYでは、同カジノのライセンスを活用したうえで施設規模を拡大し、韓国初となるカジノ併設の大規模複合リゾート(IR)施設を空港に隣接する国際業務地域において開発していく。

 セガサミーHDは、PARADISE SEGASAMMYに役員・社員を派遣し、カジノ施設の運営ノウハウを直接、習得すると同時に、韓国釜山広域市ですすめるIR施設の開発と、日本国内でのフェニックス・シーガイア・リゾートの運営を通じ、カジノを含むIR施設事業に参入するための体制を構築していく。