窃盗容疑の佐賀県警元警視、地検が起訴猶予

パチンコ店で財布を盗んだとして、窃盗容疑で書類送検された佐賀県警の元警視(50歳代)について、佐賀地検は26日、不起訴(起訴猶予)とした。

 県警によると、元警視は昨年11月25日昼、同県小城市内のパチンコ店のトイレで、客が落とした8万8000円入りの財布を盗んだとして、3月15日に窃盗容疑で書類送検された。元警視は同日、停職6か月の懲戒処分を受けて依願退職した。

 被害者とは示談が成立しているといい、佐賀地検の森永太郎次席検事は「容疑事実は認められるが、あえて処罰を求めるほどの事案ではないと判断した」と説明した。