平和、アントニオ猪木とのタイアップ機の取り扱いに注意喚起

平和はホール業界団体に対し、参議院議員選挙に出馬を表明したアントニオ猪木とタイアップした「アントニオ猪木という名のパチンコ機 やれるのか、本当にお前」および「アントニオ猪木が伝説にするパチスロ機」など「アントニオ猪木遊技機シリーズ」各機の取り扱いに関し、注意を喚起する書面を26日付で送付した。選挙期間の終了日までに以下の事項を新規に行う場合、公職選挙法に抵触するおそれがあるため、「一定の配慮が必要」であり、業界団体は傘下ホールに対し指導を行うことを促している。「配慮」を求めた行為は、@ポスターの増設、Aチラシ等の頒布、Bのぼりの増設、Cキャンペーンの実施、Dウェブサイトにおける宣伝、Eその他@〜Dに類する広告物の6事項。特に、「参議院」、「立候補」、「出馬」、「投票」、「日本維新の会」、「日本を変える」など、選挙を想像させる表現の付加を「厳に差し控え」ることを求めた。