老後に向けて宝くじに夢を託すって??

ルーレット、パチンコ、競馬に比べて圧倒的に低い還元率

Z子さん(以下、敬称略):老後の5000万円を、効率的に貯める方法が知りたいです。

内藤さん(以下、敬称略):銀行の預貯金は金利が少ないですから、スピードをあげるために投資をした方がいいでしょう。今、Z子さんは職の悩みがないので、お金周りについて考える時間をかけられるときです。金銭的にも余裕があるので、投資をはじめるベストなタイミングだと思いますよ。

Z子:そうですか。投資は興味がありますが、よく分からないです。

 ちなみに、宝くじでお金を増やすという方法はありますか?

内藤:それはありえません(笑)。宝くじは国が売り上げの一部を抜き、当たりもはずれも関係なく、購入者への還元率は平均してたったの45%。例えば1万円を宝くじに投資すると4500円しか戻ってきません。カジノのルーレットが95%、パチンコが85%、競馬が75%ですから、かなり宝くじの還元率は低いと言えます。

 そして悲しいことに、所得の低い人ほど買う傾向があるという調査結果もあり、「貧乏人の税金」とも言われています。貧しい人をより貧しくする仕組みなんですよ。

Z子:えっ! そうなんですか。なんだかショックです。いつも1万円くらいで「夢」を買っているつもりでした。いつか当たるかと…。

内藤:その1万円で投資信託を買った方がいいですよ。(笑)

Z子:なるほど。分かりました。株や投信、FX…と、沢山試した方がいいですか?

内藤:いや、最初は投資信託だけでいいと思います。できるだけ早くはじめて、上がったり下がったりしても売却せずに、ずっと続けることが重要です。65歳までの間に、増えたり減ったりしても、最後5000万円になればいいわけです。毎月、いくら積み立てるのか、それを何%で運用するのかを決めましょう。

Z子:面白そうですね。興味がますます湧いてきました。