カジノ含む経済効果は年間5800億円と試算

経団連、大規模MICE施設の開発を提言
 カジノ含む経済効果は年間5800億円と試算
 
 日本経済団体連合会は6月17日、“フラッグシップ型の大規模MICE施設”の開発を求める提言を発表した。MICE施設(展示場・会議施設)のみならず、ホテル、レストラン、シアターなどの周辺の魅力付け施設を、一体的に備えた大規模MICE施設を、少なくともアジアのハブ空港として活用可能な国際空港から30分圏内に開発すべき、という具体的なもの。とくにその際、「大規模MICE施設をカジノを含む魅力付け施設と一体的に開発することが国際的な流れ」として、カジノについては経済性と倫理性を踏まえた国民的な検討を深め、早期に結論を出すよう強く要望した。