マルハン、「くるみんマーク」を取得

株式会社マルハン(本社:京都・東京 代表取締役社長 韓裕)は、2013年5月22日(水)、厚生労働省より、子育て支援に積極的と認定された会社に付与される「くるみんマーク」を取得しました。



当社では、次世代育成支援対策推進法の施行を受け、2010年12月1日から2013年3月31日までを対象期間とし、従業員がライフイベントに合わせ働き方の選択をできる制度の導入を目的とした行動計画を策定しました。この期間中、『従業員(正社員)が転宅を伴う異動範囲について自己選択できる制度の構築』や『妊娠中および出産後1年以内の女性について転宅転勤異動を制限することができる措置の確立』、『妊娠・出産・育児に関する社内制度について従業員への周知』を取組んで参りました。こうした取り組みが評価を受け、このたび厚生労働省より「くるみんマーク」の認定を受けました。

次期の行動計画では、従業員のヒアリング結果から休業制度の拡充を目的に、2013年4月から2016年3月31日までの3年間で『妊娠時に従業員が働き方を選択できるよう休業制度を拡充・導入』、『育児休業取得後も継続して休むことができるよう休業制度を拡充・導入』、『休業取得者(妊娠・出産・育児)に対して、相談窓口を案内・周知』を取り組んで参ります。

「くるみんマークとは」
 厚生労働省が「子育てサポート企業」として認定した企業に付与するマーク。一般企業は、次世代育成支援対策推進法に基づき、労働者の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境整備に向けた「一般事業主行動計画」を策定し、厚生労働省がその計画の達成や、一定の基準を満たしたと判断した企業を「子育てサポート企業」と認定する。 「くるみんマーク」取得企業は2012年7月時点で1301社。

マルハンは、社業を通じ、人々に生きる喜びと安らぎの場を提供し、心身のリフレッシュと明日への仕事の糧となることを念願し、幸せで希望に満ちた明るく楽しい社会づくりに貢献します。