ダイナム、2013年度のエネルギー使用量の昨年度対比1%削減を目指す

ダイナムは14日、2013年度のエネルギー使用量の削減目標として、昨年度対比で1%削減を目指して取り組んでいくと発表した。2007年度からの5年間でマイナス18.25%削減を達成しているが、2013年度の1%削減の上乗せにより、同年度には2007年度対比でマイナス19%削減を目指す。

 2013年度の節電のための主な取り組みは次の3点。@BEMS(ビル・エネルギー管理システム)の導入(22店舗)、A電力使用量監視装置活用によるデマンド値管理および従業員による節電活動の継続、B専門業者による空調設備・照明設備の事前点検およびメンテナンス。

 また、環境省が推進する「ライトダウン2013」に基づいて、6月21日夏至の日と7月7日七夕の日の2日間、グループ全362店舗において、夜20時から22時まで、ライトダウンを実施する。