健全営業を徹底 県遊技業協同組合 総会で申し合わせ

【福井県】県内のパチンコ店でつくる県遊技業協同組合の総会が十三日、福井市中央一丁目のユアーズホテルフクイであり、健全営業の徹底を申し合わせた。

 組合の加藤英彦理事長がパチンコ、パチスロファンが年々離れている現状を説明し「業界は今が過渡期。英知を集めて発展できるよう組合を挙げて頑張りたい」とあいさつした。

 議事では、本年度事業計画として、営業者の景品買い取り関与の根絶や、店舗駐車場内での子どもの交通事故防止対策推進などを決めた