5月倒産、東海産業の負債額100億円超に

 〜負債額100億円超は4年7カ月ぶり

信用調査会社の東京商工リサーチは12日、5月度の主なパチンコホール経営会社の倒産は、栃木県の有限会社東海産業1件のみであったと公表した。ただしその負債額は101億7700万円となっており、負債額が100億円を超えるのは2008年10月以来4年7カ月ぶり。