威力業務妨害:大阪市役所に爆破予告 63歳の男を起訴 /大阪

大阪市役所などに爆破予告電話をかけたとして、南署は29日、住所不定、無職、福島勝二容疑者(63)を威力業務妨害容疑で逮捕、送検したと発表した。福島容疑者は同日、威力業務妨害罪で起訴された。

 容疑は、今年3月5日午後、大阪市役所の代表番号へ3回にわたり「橋下徹市長は辞任するように伝えろ。要望を聞かなければ1時間後に市役所を爆破する」と電話し、業務を妨害。このほか、新関西国際空港会社や大阪市中央区のパチンコ店にも爆破予告の電話をかけたとされる。

 南署によると、電話機に表示された番号から福島被告を特定したという。福島被告は2010年から生活保護を受給し、「(生活保護を巡る橋下市長の対応に)腹が立った」と供述しているという