ユニバーサル、「緑ドン〜キラメキ!炎のオーロラ伝説〜」記者発表会を開催

ユニバーサルエンターテインメントは27日、東京都港区高輪の品川プリンスホテルにおいて、エレコ製のパチスロ新機種「緑ドン〜キラメキ!炎のオーロラ伝説〜」の記者発表会を開催した。発表会では、「花火」シリーズに登場するキャラクター「ビリー」にちなみ、エクササイズのビリーズブートキャンプで有名になったビリー隊長(ビリー・ブランクス)がスペシャルステージを披露した。発表会終了後には同会場において、ホール関係者を招待した展示会が開催された。

 「緑ドン」シリーズ3作目となる本機の舞台は北欧。スペックはボーナスを搭載したBB・RB‐ARTタイプとなっている。ARTにはループ抽選型の「DONオーロラGAME」と、ゲーム数上乗せ型の「BILLYオーロラGAME」の2種類を用意。上乗せ特化ゾーンには、セット数上乗せの「大航海」、前作にも搭載されていた「ビリータッチセンサー」を活用した完全自力二択により上乗せゲーム数が倍々に増えていく「バイキングラッシュ(V‐RUSH)」、次回ボーナスまで継続の無限ART「ロケット大航海」の3種類を搭載する。ホールへの納品開始予定日は8月5日。

 発表会で登壇した同社マーケット戦略室室長の長谷川崇彦氏は、同機の完成度の高さだけでなく、ユニバーサルによる手厚い稼働支援を強調した。具体的なプロモーション展開として、全国43のパチンコ番組へのショートムービーの提供、「白木屋」、「魚民」、「笑笑」といった居酒屋を展開するモンテローザグループ系列1500店舗でのコラボキャンペーン、スマートフォンアプリの配信、同機を浸透させるためのコンテスト「ドンなもんでぃコンテスト」など、さまざまな稼働支援策を実施していくという。「ビリー」と一緒の写真を撮ることのできる機能を搭載したアプリのAndroid版が27日より、リリースされている。

 同機の詳細なスペックや演出は今後、段階的に解禁となる。