厚生労働省「平成25年度『世界禁煙デー』及び『禁煙週間』の協力依頼について」

「世界禁煙デー」は、たばこを吸わないことが一般的な社会習慣となるよう様々な対策を講ずるべきであるという世界保健機関(WHO)の決議により昭和63年に設けられ、平成元年からは5月31日と定められております。

厚生労働省では、平成4年から世界禁煙デーに始まる一週間(5月31日から6月6日)を「禁煙週間」と定め、各種のたばこ対策を実施しておりまが、この程、平成25年度「世界禁煙デー」及び「禁煙週間」について、厚生労働省から協力要請を受けました。

全日遊連では、ホールにおける受動喫煙問題に対する取り組みを推進しておりますが、これを受け、本日付で傘下の都府県方面組合に対し、傘下組合員ホールへの周知依頼文書を発出致しました。

今後も、受動喫煙防止対策について適宜、対策を図ることとしております。