強盗に襲われたよう装い300万円横領 景品交換所勤務の男逮捕

埼玉・幸手市で、パチンコ景品交換所に勤めている男が、強盗に襲われたように装い、300万円を横領したとして逮捕された。
逮捕されたのは、埼玉・久喜市の高橋 實容疑者(76)。
高橋容疑者は17日午後、幸手市のパチンコ景品交換所で、自分の足をナイフで刺したあと、「外国人風の男に右足をナイフで刺された」と、強盗に襲われたように装い、虚偽の119番通報をし、景品買い取り用のおよそ300万円を横領した容疑が持たれている。
高橋容疑者は調べに対し、「お金がなかった」と話しているという。