大阪福祉防犯協会(草の根ステーションのご紹介)

『大阪福祉防犯協会』とは?

一般社団法人 大阪福祉防犯協会は平成15年にパチンコ企業を中心に発足した
社会福祉・防犯に対する援助・応援する団体です。特に草の根活動を支援することを目的としております。
【大阪福祉防犯協会HP】はこちら

『大阪福祉防犯協会の活動』

@大和川クリーンアップ大作戦への参加

(活動背景)

【大阪福祉防犯協会】を通じてサポートする団体の中に、『大和川再生協議会(大阪市西区)』があります。
大和川クリーンアップ大作戦は【大和川再生協議会】主催で行われるボランティア活動です。 例年3月・9月と、年2回開催されておりましたが、近年の活動を通じてごみは減少した為、昨年9月の清掃は休止となっておりました。 今回は『きれいな水辺で未来につなぐ』と銘打ち、一番ゴミの多い河口部、大阪市側の川岸にて実施しました。


『大和川再生協議会』とは?

全国一級河川のうち、水質ランキングがワーストランカーである大和川に「きれいな水と魚を呼び戻したい」
との想いで清掃活動を行っておられます。
  


(2013年度活動内容)

毎年自社からは20人前後の方が大和川クリーンアップ大作戦に参加しています。 今年はその人数を大きく上回り、総勢51名が参加しました。 当日までに「大和川は毎年の清掃活動の甲斐もあり、河川敷のゴミは減っている」 とお聞きしておりました。 しかし実際に訪れてみると、河川に沿ってペットボトルや食べ物の袋などが散乱している状態で、まだまだ綺麗とは言えませんでした。 そのような光景を目の当たりにすると、寒空の下でも足場の悪い小さな岩の間に落ちているゴミもしっかりと拾おうという気持ちになりました。 1時間半という短い時間でしたが、多い方でゴミ袋5つ分ものゴミを回収しておりました。清掃活動を終えた後には、見渡せる範囲のゴミは無くなり、 綺麗な河川敷に戻りました。