回胴遊商、「幼児車内放置ゼロ」巡回活動の「強化月間」スタート

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)は、5月1日から10月末日までの6カ月間を「幼児車内放置ゼロ」巡回活動の「強化月間」と位置づけ、同期間中には、組合員各社の遊技機取扱い主任者等の従業員が遊技場の駐車場に入るとき、もしくは出るときのどちらか1度、車内放置防止のために場内を巡回する活動を実施する。また、7月1日から8月末日までの2カ月間を「特別強化月間」とし、同期間中には、駐車場に入るときと出るときの2度にわたり巡回活動を実施するする。販売会社(販社)の立場から業界貢献を行う主旨で開始された同活動は今年で9年目。回胴遊商の組合員・特別会員・賛助会員は、メッシュ地でできた専用のビプスを着用して巡回活動を実施する。