「戦国BASARA」の武将が車上ねらい被害を断ち切る

○…大阪府警は車上ねらいの被害防止を呼び掛けるため、大阪市中央区に本社があるゲームメーカー・(株)カプコンの協力を得て、同社の人気ゲーム「戦国BASARA」のキャラクターを起用したポスター5,000枚とチラシ15万枚を作製した。
○…車上ねらい被害者の半数近くを占める20、30代を中心に防犯意識を高めようと同社に協力を呼び掛けたところ、企業CSR活動の一環としてゲームキャラクターの使用承諾が得られた。ポスター等の表面には伊達政宗のイラストを使用し、「断 車上狙い」「車から離れる時は 車内をからっぽに!」との標語を表記(写真)。裏面には真田幸村ら4人の武将のイラストを描き、「確実な施錠」「盗難防止ネジの取り付け」などと被害に遭わないためのポイントを記している。
○…これまでにない斬新な企画で、府警は今後、自動車用品販売店等での掲示、来店客への配布を通じて「被害減少につなげたい」としている。