韓国観光客を逃す!? 大阪パチンコ業界

先ごろ、福岡でパチンコ目的の韓国人観光客が増えているとの報道があったが、大阪ミナミの道頓堀周辺でも同様の現象がみられるという。
 「ミナミの韓国人観光客といえば団体が中心で、主な目的はグルメとショッピングというのがこれまでの定番でした。ところが最近は個人客が多く、目的もパチンコやスロットというギャンブラーが増加傾向にあるんです。というのも、韓国ではパチンコが7年前に禁止されているため、福岡同様、愛好家が大阪にもやって来ているのです」(地元紙記者)

 ミナミの大手チェーン店の関係者もこう語る。
 「外国人客そのものは以前からいました。ただし、ツアーの自由時間にフラッと入ったという感じがほとんど。それが今は、開店から並ぶ気合いの入ったギャンブラーが増えている。黙っている限り日本人と見分けがつきにくく、店員や客とのトラブルも多くなったのは困りものですが、カネに糸目をつけず遊んでくれるので、いいお得意さんなんですよ」

 パチンコ業界と地元関係者の間には、「地域と業界の活性化にはプラス材料」と前向きに受け止める声が多く、外国人向けサービスの充実を図る動きもある。しかし一方で、こんな懸念も噴出しているのだ。
 「韓国人は、高いレートで遊びたいギャンブル指向の強い客が多い。ところが大阪のパチンコは、なんとかしてカジノを誘致したい橋下徹市長の思惑もあり、お遊び程度の低レートに抑えられている。このままだと韓国人観光客は欲求不満になり、ミナミに多いとされる闇カジノに彼らが流れていくのでは」(パチンコ専門誌記者)