26日リニューアルするお台場ガンダム像は一部が可動式に

東京お台場にある「ダイバーシティ東京」の実物大ガンダムと壁面映像演出が、4月26日からリニューアルすることが発表された。



バンダイのニュースリリースによると、実物大ガンダム像が4月19日に設置2年目を迎えるのに伴い、ガンダム像そのものに演出を追加し、壁面映像「WALL-G」の内容を一新する。

 ガンダム像は、昼間に頭部が動くようになり、合わせてミストが噴射される。壁面映像は、夜に本編とショートストーリーが流される。タイムスケジュールは次の通り。

 ● 頭部稼動、ミスト噴射など(壁面映像なし)12:00、15:00、17:00
●『GUNDAM STAND at Jaburo(仮)』 (約11分、壁面映像あり)19:30、20:30、21:30
●『GUNDAM chime』(約80秒、壁面映像あり)20:00、21:00

同時に開業1周年を迎える「ガンダムフロント東京」では、リレー企画として、4月19日〜6月5日は「機動戦士ガンダムの誕生とシャア・アズナブル展」、6月7日〜7月19日は「機動戦士ガンダムの誕生とアニメーター 安彦良和展(仮)」、7月20日〜9月上旬は「ガンダムサイエンス展(仮)」を予定。

 また5月10日には、ガンダムフロント東京スペシャルナイト第1弾「シャアを語ろう!池田秀一×潘恵子トークショー」(3,000円)が開催される。